MENU

MENU

  • HOME
  • むし歯の治療と予防

むし歯の予防・治療

MENU

福津市福間駅より徒歩3分の歯医者「むとべデンタルオフィス」が、むし歯のリスクや治療法について解説いたします。

初期のむし歯は自覚症状がほとんどなく、痛みを感じたときには症状がかなり進行していることも少なくありません。適切な予防習慣と、早めの受診で、大切な歯を守りましょう。

痛みを感じた時点で、むし歯は進行しています

痛みを感じた時点で、むし歯は進行しています

MENU

痛みを感じた時点で、むし歯は進行しています

「むし歯になっても、歯医者に通えば大丈夫」とお考えの方は多いもの。しかし、詰め物や被せ物と歯の間にわずかなすき間があると、そこからむし歯菌が感染し再発につながってしまいます。このようにむし歯は再発の危険性がとても高く、何度も治療を繰り返すケースも少なくありません。お口の健康をできるだけ守るためには、歯を大きく削らなければならないほど症状が進行する前に、むし歯を見つけることが重要です。

むとべデンタルオフィスでは、むし歯の早期発見・早期治療を重視し、患者様の負担を最小限に抑えた治療を行っております。むし歯の「予防」にも力を入れておりますので、予防歯科にご興味がおありの方もお気軽にご相談ください。

こんな症状はありませんか?

MENU

※表は左右にスクロールして確認することができます。

冷たいもので歯がしみる 初期のむし歯であるおそれがあります。症状が進行する前に、早めに歯医者を受診しましょう。
甘いもので歯がしみる むし歯の症状が進行しているおそれがあります。早めの治療をおすすめいたします。
脈打つように歯が痛む むし歯が歯の神経にまでおよんでいる状態です。歯ぐきに炎症がみられる場合は、歯周病のおそれもあります。
食事の際に歯が痛む むし歯菌によって、歯根の周りに炎症が起こっているおそれがあります。また、歯周病も疑われます。
歯ぐきが腫れている むし歯の進行により、歯根の先端に膿が溜まっている危険性があります。また、歯周病による炎症のおそれも疑われます。
頬が腫れている 歯根の先端に膿が溜まっているか、歯ぐきの炎症が原因かもしれません。発熱をともなう場合もあるため、早めに歯医者を受診しましょう。

むし歯治療

MENU

むし歯治療

むし歯の原因

むし歯は、口腔内に潜む「むし歯菌」によって引き起こされます。むし歯菌が放出する酸は歯を溶かす作用があり、放っておくと歯を失うことにもつながりかねません。

また、以下のような条件がそろうと、むし歯のリスクが大幅に上昇してしまいます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

むし歯菌 歯と歯ぐきのすき間に溜まる「歯垢」には、無数の細菌が含まれています。むし歯菌もその一種であり、この菌に感染することでむし歯が引き起こされます。
歯質 歯の表面は、エナメル質の層で覆われています。このエナメル質がやわらかいと、むし歯に負けやすくなってしまいます。
糖分 むし歯菌のエサは、食べ物などに含まれる糖分です。糖分を栄養源として増殖したむし歯菌は、歯を溶かす酸を放出します。
時間 食事からブラッシングまでの間隔が長いと、むし歯菌が口腔内にとどまっている時間が長くなり、むし歯のリスクが上がってしまいます。
むし歯を放置する危険性

ごく初期のむし歯は自覚症状がほとんどなく、いつの間にか症状が進行することも多いものです。むし歯菌は最初に歯の表面のエナメル質を溶かしていき、次にその下の象牙質、そして神経へと進行していきます。歯の神経にまで進行してしまったむし歯は治療が難しく、抜歯を選択するケースも少なくありません。

また、むし歯菌によって溶かされてしまった歯は、治療をしても元には戻りません。ご自身の健康な歯を守るためにも、定期的な検診でむし歯の早期発見・早期治療を心がけましょう。

進行段階別・むし歯の治療法

MENU

※表は左右にスクロールして確認することができます。

むし歯の進行段階 症状 治療法
C0:初期のむし歯 C0:初期のむし歯 むし歯菌が放出した酸によってエナメル質が溶かされはじめ、歯の表面が白くにごって見える状態です。痛みなどの自覚症状はありません。 初期のむし歯であれば、適切なブラッシングとフッ素塗布で完治を目指せます。
C1:エナメル質のむし歯 C1:エナメル質のむし歯 エナメル質が溶かされ、歯の表面が黒く見える状態です。この段階でも、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。 むし歯の感染部位を削り、歯科用プラスチックなどを詰めて補綴します。
C2:象牙質のむし歯 C2:象牙質のむし歯 むし歯が進行し、エナメル質の下の象牙質まで達した状態です。冷たいものや甘いもので、歯がしみることがあります。 むし歯の感染部位を削り、詰め物や被せ物などの補綴治療を行ないます。
C3:神経のむし歯 C3:神経のむし歯 むし歯が歯の神経にまで進行した状態です。ズキズキと激しい痛みを感じるようになります。 むし歯の感染部位を削り、被せ物で補綴します。
C4:歯根のむし歯 C4:歯根のむし歯 むし歯が歯根にまで達した状態です。歯の神経が死んでいるため痛みはほとんどありませんが、歯根の先端に膿が溜まると激しい痛みを感じます。 抜歯が選択されるケースも少なくありません。歯を抜いた部分は、入れ歯やインプラントなどで機能を補います。

PICK UP!歯を失ったら、早めの治療を

MENU

むし歯や歯周病は、歯を失う原因にもなる恐ろしい病気です。また、歯を失った部分を放置していると、歯並びが乱れたり、咬み合う歯に負担がかかることもあります。すると周りの歯にまでダメージがおよんでしまい、お口の健康を大きく損なうことにもつながりかねません。むし歯や歯周病で歯を失ってしまった場合は、入れ歯やインプラントで歯の機能を補いましょう。

むし歯予防に大切な習慣

MENU

むし歯予防に大切な習慣

間食は時間と回数を決める

食事後は口腔内が酸性に傾き、むし歯のリスクが高まってしまいます。間食は時間と回数をしっかりと決め、ダラダラ食べはやめましょう。

よく咬んで食べましょう

唾液には歯垢や食べかすを洗い流す「自浄作用」があります。唾液は咀嚼によって分泌されるため、食事の際にはよく咬んで食べるよう心がけましょう。

寝る前のブラッシングを丁寧に

就寝中は唾液の分泌量が減るため、むし歯のリスクが高まってしまいます。寝る前のブラッシングは特に丁寧に行ない、むし歯を予防しましょう。

抜歯を避け、歯を残すための「根管治療」

抜歯を避け、歯を残すための「根管治療」

MENU

抜歯を避け、歯を残すための「根管治療」

むし歯が歯の神経にまで達してしまった場合は、感染した神経を取り除く必要があります。このように、歯の神経や歯根に対して行なう治療が「根管治療」です。

根管治療ではまず感染部位をきれいに取り除いたあと、薬剤を隅々にまで充填して密閉します。ただし、根管内部はとても複雑な構造をしており、感染部位や汚れが少しでも残っていると再発リスクが高まってしまいます。そのため根管治療では、「いかに感染部位を取り逃さないか」「いかに薬剤をきちんと充填するか」といった点が重要になり、非常に精密な処置が求められるものです。

そこで当院では拡大鏡で患部を拡大し、肉眼では見えない部分もしっかり確認しながら治療を行っています。また、むし歯だけでなく、詰め物・被せ物や入れ歯・インプラントなどの補綴治療でも歯根の状態を必ず確認するようにしています。

美しく丈夫な歯を実現するためには、まず歯の健康状態を整えることが大切。歯根に問題がある場合はまずそちらの治療を優先し、しっかりと「土台」を整えてから次の治療に進むよう心がけています。