DENTURE

入れ歯

入れ歯治療

福津市、福間駅より徒歩3分の歯医者「むとべデンタルオフィス」が、入れ歯の種類やインプラント・ブリッジとの違いを解説いたします。

入れ歯にはいろいろな種類があり、素材や形状によって使用感は千差万別です。当院では患者様のニーズに対応すべく、保険診療から自由診療まで幅広い入れ歯を取りそろえております。

こちらでは、入れ歯が合わなくなる原因についてもご説明いたします。ご使用中の入れ歯に不満をお持ちの方も、ぜひ一度ご相談ください。

歯の機能を回復させる必要性

歯の機能を回復させる必要性

DENTURE

歯の機能を回復させる必要性

むし歯や歯周病の進行や、怪我などにより歯を失ってしまった場合……。そのまま放置するのは大変危険です。たとえ1本であろうとも、歯を失うということはお口の健康にさまざまな悪影響をおよぼしてしまいます。

歯を失ってしまったときは、なるべく早急に治療を受けましょう。むとべデンタルオフィスでは患者様一人ひとりの状態やご希望に合わせて、最適な治療法をご提案しております。

歯が抜けた部分を放置しているとどうなる?
咬み合わせが乱れる 歯を失った部分を放置していると、空いたスペースを埋めるように周囲の歯が倒れたり、咬み合う歯が伸びたりすることがあります。だんだんと咬み合わせが乱れ、お口全体の健康にも影響をおよぼしかねません。 発音が不明瞭になる
歯を失った部分を放置していると、空いたスペースを埋めるように周囲の歯が倒れたり、咬み合う歯が伸びたりすることがあります。だんだんと咬み合わせが乱れ、お口全体の健康にも影響をおよぼしかねません。 発音が不明瞭になる 前歯を失ってしまった場合、そこから空気が漏れることで発音が不明瞭になる可能性があります。相手に言葉が伝わりづらくなるため、コミュニケーションにも影響が出てしまうでしょう。
口元の印象に影響が出る 歯が抜けていると見た目の印象が悪いだけでなく、口周りの筋肉が緩むことでシワやたるみの原因にもなります。 食事を楽しめなくなる
歯が抜けていると見た目の印象が悪いだけでなく、口周りの筋肉が緩むことでシワやたるみの原因にもなります。 食事を楽しめなくなる 咀嚼がしっかりできなくなることで、食材の歯ごたえや歯ざわりがわかりづらくなり、食事を楽しめなくなるリスクがあります。

入れ歯・インプラント・ブリッジの違い

DENTURE

※表は左右にスクロールして確認することができます。

入れ歯 入れ歯 インプラント インプラント ブリッジ ブリッジ
特徴 最も一般的な治療法です。歯ぐきに装着する「総入れ歯」と、周りの歯にバネを引っかける「部分入れ歯」の2種類があります。歯を多く失った場合や、支台となる歯がない場合に適しています。 歯ぐきにチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着する治療法です。天然歯と遜色ない見た目と、自然な咬み心地を再現できます。 歯を失った部分の両隣の歯を支台とし、橋をかけるように人工歯を装着する治療法です。歯を1~2本失った場合に適しています。
メリット 広く普及している治療法なので、ほとんどの歯科医院で対応可能 素材次第では保険適用内で治療できる 自分の歯のように咬める 違和感が少ない 美しく自然な仕上がり 周囲の歯に負担をかけない 1本~複数本まで適用できる しっかりと固定され、違和感が少ない 素材次第では保険適用内で治療できる
デメリット 装着時の違和感が強い 味覚や食感が損なわれるため、食事を楽しみづらくなる 天然歯と比べて咀嚼効率に劣る 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ちやすい 外科的な処置が必要 糖尿病などの持病がある方は、適用できないこともある 治療期間が長引きやすい 自由診療のため、費用が高額になりやすい 健康な歯を削る必要がある 支台となる歯に負担がかかる 保険適用の場合は金属を使用するため、金属アレルギーや色素沈着のリスクがある 見た目の印象を重視する場合は自由診療となり、費用が高額になりやすい

入れ歯が合わなくなる原因

入れ歯が合わなくなる原因

DENTURE

入れ歯が合わなくなる原因

入れ歯を使用していると、だんだんと違和感や痛みを感じるようになることがあります。お口にぴったり合う入れ歯を作製したはずなのに、なぜだんだんと合わなくなってしまうのでしょうか? ここからは、入れ歯が合わなくなる原因を解説いたします。

1.歯ぐき・骨が痩せる

天然歯と比べて、人工歯は顎の骨への刺激が伝わりづらく、だんだんと骨が痩せてしまいます。すると、歯ぐきも痩せてきてしまうため、入れ歯の床部分と歯ぐきとの間にすき間ができ、入れ歯が外れやすくなってしまうのです。また、歯周病や骨粗しょう症を患っている方は、顎の骨が痩せるスピードがさらに速まってしまいます。

2.支えとなる歯がダメージを受ける

部分入れ歯は、周りの歯に金属製のフックをかけることで入れ歯を安定させます。この状態では、支えとなる歯や周りの歯ぐきにどうしても負担がかかり、咬む力のバランスが崩れることでダメージを受けてしまいます。支えとなる歯がダメージを受け続けると、やがて歯をさらに失う原因にもなりかねません。

3.入れ歯そのものの劣化

一般的に、入れ歯の作製には歯科用レジン(プラスチック)が使用されます。歯科用レジンは扱いやすく、安全性も高い素材ですが、長く使い続けると経年劣化を起こしてしまいます。素材が破損したり、すり減ったりすると、入れ歯の形状が変化してフィット感が損なわれてしまうでしょう。すると装着時に違和感をおぼえたり、場合によっては咬み合わせが乱れたりすることもあります。

また、入れ歯は乾燥に弱いため、乾いたまま放置していると変形や歪みの原因になります。入れ歯を長持ちさせるためには、適切な方法での保管方法と、日々のメインテナンスが肝心です。

入れ歯の種類

DENTURE

保険診療の入れ歯

レジン床

レジン床

レジン床

歯ぐきや口腔粘膜にあたる「床部分」に歯科用レジン(プラスチック)を使用したものです。床部分に厚みがあるため違和感をおぼえやすいものの、比較的安価かつ短期間で入れ歯を作製できます。また、修理や調整が簡単に行なえるのもメリットです。

自費診療の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

床部分に弾力性のある樹脂を使用した入れ歯です。金属のバネ(クラスプ)を使用しないため、周りの歯に負担をかけず自然な見た目が手に入ります。

金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯

床部分に金合金やチタン、コバルトクロム合金などの金属を使用した入れ歯です。歯科用レジンと比べて熱伝導性が高く、食べ物の熱さ・冷たさをしっかり感じ取ることができます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを埋め込み、磁石の付いた入れ歯を装着するタイプです。磁力でがっちりと固定されるため、自分の歯のようにしっかりと咀嚼できます。

PickUp! 咬み合わせの重要性

入れ歯を快適に使用するためには、咬み合わせを整えることも大切です。咬み合わせが乱れていると入れ歯に偏った負担がかかり、劣化や破損の原因になってしまいます。するとだんだんと入れ歯が合わなくなり、違和感や痛みなどのトラブルを招きかねません。

また、咬み合わせは全身の健康にも悪影響をおよぼし、頭痛や肩こり、腰痛を引き起こすこともあります。食事や会話をしっかり楽しみ、いつまでも健康でいるためにも、当院ではあらゆる治療において咬み合わせのチェックを行っています。入れ歯の使用感にお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

当院の取り扱い入れ歯

DENTURE

キレイデス

金属のバネを使用せず、薄くて軽いノンストレスな入れ歯です。お口の中にぴったりフィットし、食事を思い切り楽しむことができます。また、お口をあけたときにバネが見える心配がなく、笑顔に自信を持てるのもメリットです。

ピタットン

入れ歯の裏側に歯科用シリコンを使用した入れ歯です。歯科用シリコンがクッションの役目を果たし、咬んだときの違和感や痛みを軽減してくれます。お口の中にぴったりとフィットするため、「入れ歯が外れやすい」とお悩みの方にもおすすめです。

入れ歯以外の選択もご検討ください

入れ歯以外の選択もご検討ください

DENTURE

入れ歯以外の選択もご検討ください

どんなに精巧な入れ歯を作っても、天然歯と同じように顎の骨を刺激することはできません。時間の経過とともに顎の骨はやせ細り、やがて入れ歯を作り直さなければならなくなります。

こうした入れ歯の問題を解消するには、インプラント治療がおすすめです。顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込むインプラント治療なら、天然歯と同じような自然な咬み心地を再現でき、顎の骨もしっかり刺激することができます。当院ではインプラント治療にも力を入れておりますので、お悩みの方はぜひご相談ください。