IMPLANT

インプラント

  • HOME
  • インプラント

インプラント治療

IMPLANT

福津市、福間駅より徒歩3分の歯医者「むとべデンタルオフィス」が、インプラント治療について解説いたします。

インプラントには、入れ歯やブリッジなどといった従来の治療法にはないさまざまなメリットがあります。当院ではメリットだけでなく、デメリットや注意点も包み隠さずお伝えし、患者様がきちんとご納得したうえで治療を開始するよう心がけております。

当院で採用しているインプラントや、実際の治療の流れについてもご説明しておりますので、治療をご検討中の方はぜひご参考ください。

歯の機能を回復させる必要性

歯の機能を回復させる必要性

IMPLANT

歯の機能を回復させる必要性

むし歯や歯周病の進行や、怪我などにより歯を失ってしまった場合……。そのまま放置するのは大変危険です。たとえ1本であろうとも、歯を失うということはお口の健康にさまざまな悪影響をおよぼしてしまいます。

歯を失ってしまったときは、なるべく早急に治療を受けましょう。むとべデンタルオフィスでは患者様一人ひとりの状態やご希望に合わせて、最適な治療法をご提案しております。

歯が抜けた部分を放置しているとどうなる?
咬み合わせが乱れる 発音が不明瞭になる 歯を失った部分を放置していると、空いたスペースを埋めるように周囲の歯が倒れたり、咬み合う歯が伸びたりすることがあります。だんだんと咬み合わせが乱れ、お口全体の健康にも影響をおよぼしかねません。
歯を失った部分を放置していると、空いたスペースを埋めるように周囲の歯が倒れたり、咬み合う歯が伸びたりすることがあります。だんだんと咬み合わせが乱れ、お口全体の健康にも影響をおよぼしかねません。 発音が不明瞭になる 前歯を失ってしまった場合、そこから空気が漏れることで発音が不明瞭になる可能性があります。相手に言葉が伝わりづらくなるため、コミュニケーションにも影響が出てしまうでしょう。
口元の印象に影響が出る 歯が抜けていると見た目の印象が悪いだけでなく、口周りの筋肉が緩むことでシワやたるみの原因にもなります。 食事を楽しめなくなる
歯が抜けていると見た目の印象が悪いだけでなく、口周りの筋肉が緩むことでシワやたるみの原因にもなります。 食事を楽しめなくなる 咀嚼がしっかりできなくなることで、食材の歯ごたえや歯ざわりがわかりづらくなり、食事を楽しめなくなるリスクがあります。

歯がないことによる身体への影響

IMPLANT

見た目が気になる

歯がない部分があると、口元にコンプレックスを抱いてしまう方もいらっしゃいます。特に前歯は目立ちやすいため、会話中や笑ったときについ口元を隠したくなってしまうものです。

老けた印象になる

歯がないまま過ごしていると、顎の骨へ刺激が与えられず、お口周りの筋肉が弱まってしまいます。シワやたるみの原因にもなり、全体的に老けた印象になってしまうでしょう。

食事が楽しめない

咬む力が弱まることで固いものが食べられなくなったりと、食事の内容が制限されてしまうおそれがあります。また、歯ざわりや歯ごたえを感じにくくなり、食事を楽しめなくなってしまうでしょう。

咬み合わせの乱れ

すべての歯は互いに影響し合い、1本1本がきちんと機能することでお口全体のバランスを保っています。歯が1本でもなくなってしまうとそのバランスが崩れ、咬み合わせが乱れる原因にもなります。

発音に支障がでる

歯がない部分から空気がもれたり、舌の位置が定まらなくなったりすることで発音が不明瞭になるリスクがあります。発音に自信が持てなくなると、人とのコミュニケーションに消極的になり、人間関係にも悪影響をおよぼしかねません。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

IMPLANT

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インプラント インプラント 入れ歯 入れ歯 ブリッジ ブリッジ
特徴 歯ぐきにチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着する治療法です。天然歯と遜色ない見た目と、自然な咬み心地を再現できます。 最も一般的な治療法です。歯ぐきに装着する「総入れ歯」と、周りの歯にバネを引っかける「部分入れ歯」の2種類があります。歯を多く失った場合や、支台となる歯がない場合に適しています。 歯を失った部分の両隣の歯を支台とし、橋をかけるように人工歯を装着する治療法です。歯を1~2本失った場合に適しています。
メリット 自分の歯のように咬める 違和感が少ない 美しく自然な仕上がり 周囲の歯に負担をかけない 1本~複数本まで適用できる 広く普及している治療法なので、ほとんどの歯科医院で対応可能 素材次第では保険適用内で治療できる しっかりと固定され、違和感が少ない 素材次第では保険適用内で治療できる
デメリット 外科的な処置が必要 糖尿病などの持病がある方は、適用できないこともある 治療期間が長引きやすい 自由診療のため、費用が高額になりやすい 装着時の違和感が強い 味覚や食感が損なわれるため、食事を楽しみづらくなる 天然歯と比べて咀嚼効率に劣る 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ちやすい 健康な歯を削る必要がある 支台となる歯に負担がかかる 保険適用の場合は金属を使用するため、金属アレルギーや色素沈着のリスクがある 見た目の印象を重視する場合は自由診療となり、費用が高額になりやすい

インプラント治療とは

IMPLANT

インプラント治療とは、歯を失った部分に金属製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミックなどで作られた人工歯を装着する治療法です。まるで天然歯のような自然な咬み心地と美しさを再現でき、周りの歯に負担をかける心配もありません。

インプラント治療の安全性

従来の歯科診療は歯科医師個人の経験や勘に左右される部分が大きく、特にインプラント治療のように精密な処置を求められる診療はその傾向が顕著でした。当院ではそんな品質のバラつきを極力なくすため、歯科医師の経験や勘に頼らない「科学的根拠に基づく治療」をご提供しております。

とはいえ、あらゆる治療にはデメリットがつきものです。インプラントに関しても、「100%安全で、歯を元通りにできる」とはけっして言い切れません。そこで当院ではインプラント治療のメリット・デメリットを包み隠さずお伝えし、患者様にきちんとご納得いただいたうえで治療をスタートするよう心がけております。疑問点や不安点がございましたら、なんでもお気軽にお尋ねください。

当院で扱うインプラント

当院で扱うインプラント

IMPLANT

当院で扱うインプラント

ひとくちにインプラントといっても、その種類は実にさまざま。日本国内だけでも幅広い種類のインプラントが使用されており、歯科医院によって採用されているインプラントは異なります。

むとべデンタルオフィスでは、世界ではじめてインプラントの実用化に成功した「ノーベルバイオケア社」のインプラントを採用。ノーベルバイオケア社のインプラントは開発から50年以上の歴史を持ち、世界各地の臨床データを数多く蓄積しています。学会での症例発表も豊富なため、より幅広い症例に対して安全に適用できると考えます。

PICK UP! 歯周病が治る前にインプラントをするのは危険!

IMPLANT

インプラントは人工歯なので、むし歯にかかることはありません。しかし、インプラントの周りの歯周組織は患者様ご自身のもの。お手入れが不足していると、歯周病に似た「インプラント周囲炎」という疾患を引き起こす危険性があります。

インプラント周囲炎の原因は、歯周病とほとんど同じ。歯周病をしっかりと治療しないままインプラントを入れてしまうと、高い確率でインプラント周囲炎を発症してしまいます。実際に、インプラント周囲炎にかかってしまう人は、高確率でもともと歯周病を患っているものです。

特に多いのが、歯周病の悪化により歯を失い、歯の機能回復を急いでしまったケース。「なるべく早く歯を取り戻したい」と焦るあまり、歯周病を治療しないままインプラント治療を受けてしまうのです。

インプラント周囲炎が進行すると周りの歯周組織が破壊され、せっかくのインプラントが抜け落ちてしまうことにもなりかねません。一度ならず、二度までも歯を失うことのないよう、インプラントの前にまずは歯周病をしっかりと治療しましょう。

インプラント治療の流れ

IMPLANT

STEP.1 カウンセリング・検査

まずは時間をかけて丁寧にカウンセリングを行ない、患者様のご要望をお伺いいたします。その後、患者様のお口の状態を確認するため、以下のような検査を実施します。

レントゲン・歯科用CT レントゲンや歯科用CTでお口の状態を撮影し、顎の骨の量や質、形状などを検査します。また、インプラントを埋め込む部分の歯ぐきや、周りの歯の状態も調べます。
口腔内の診察 インプラントのサイズや埋入位置を決めるため、お口の状態をチェックします。歯ぐきや咬み合わせを検査し、同時にむし歯や歯周病の有無を確認します。むし歯や歯周病がみられた場合は、そちらの治療を優先する場合があります。
全身疾患の確認 高血圧や糖尿病などの持病がある場合は、インプラント治療を行えないケースがあります。これらの持病をお持ちの方、常用薬がある方は、あらかじめお申し出ください。場合によっては、かかりつけ医と連携しながらインプラント治療を行なうこともあります。
STEP.2一次手術

一次手術

麻酔をしたあと、顎の骨に穴をあけてインプラントを埋め込みます。傷口を縫合したら、インプラントと顎の骨が結合するまで治癒期間をおきます。治癒期間はおおよそ3~6ヵ月程度です。
STEP.3二次手術(2回法の場合)

二次手術(2回法の場合)

インプラントと顎の骨の結合が確認できたら、人工歯を取り付けるための連結部分(アバットメント)を装着します。 ※インプラントの埋入からアバットメントの装着までを1回で行なう場合もあります。
STEP.4仮歯の装着

仮歯の装着

アバットメントに仮歯を装着し、歯の形や使用感などをご確認いただきます。違和感や痛みなどがある場合は、遠慮なくご相談ください。
STEP.5本歯の装着

本歯の装着

セラミックなどの素材で本歯を作製し、アバットメントに装着して治療完了です。
STEP.6メインテナンス
インプラントを長持ちさせるため、メインテナンスを行ないます。インプラント周囲炎を予防するためにも、定期的にご来院ください。

メインテナンスの重要性

IMPLANT

実は、インプラントは天然歯と比べて歯周病(インプラント周囲炎)になりやすいとされています。また、一度かかってしまうと改善が難しく、悪化するとせっかくのインプラントが抜け落ちてしまうこともあるのです。

大切なインプラントを守るため、毎日のお手入れと定期的なメインテナンスを欠かさず行ないましょう。

健康な状態 歯周ポケットがなく、健康な状態の歯ぐきです。 軽度のインプラント周囲炎 重度のインプラント周囲炎
歯周ポケットがなく、健康な状態の歯ぐきです。 軽度のインプラント周囲炎 歯ぐきの腫れや出血、退縮などの症状が表れはじめます。 歯周ポケットが深くなり、歯ぐきから膿が出るようになります。さらに悪化すると、インプラントがグラつきはじめます。
重度のインプラント周囲炎 歯周ポケットが深くなり、歯ぐきから膿が出るようになります。さらに悪化すると、インプラントがグラつきはじめます。

メインテナンスの内容

IMPLANT

歯科衛生士による「PMTC」

歯周病(インプラント周囲炎)の原因となる歯垢や歯石は、ご自宅でのケアだけでは除去しきれません。歯科衛生士によるPMTC(プロ仕様のクリーニング)では、汚れや歯垢・歯石をきれいに取り除くことができます。また、ホームケアの質を向上できるよう、患者様一人ひとりに合わせたブラッシング方法をアドバイスさせていただきます。

ネジの緩みの確認

インプラントと人工歯を結合させるネジ(スクリュー)の緩みを確認します。ネジの緩みはインプラント周囲炎が悪化する原因になるため、定期的なチェックを行ないます。