DENTAL SURGERY

口腔外科

口腔外科

DENTAL SURGERY

福間駅より徒歩3分、福津市「むとべデンタルオフィス」が、口腔外科について解説いたします。

口腔外科はひとことで言えば、「手術を必要とするお口の問題に対応できる診療科目」のこと。こちらでは、どのような症状の場合に口腔外科を受診すべきか、また実際の治療例についてもまとめています。

当院が連携する口腔外科クリニックの情報も掲載しておりますので、併せてご覧ください。

口腔外科とは?

口腔外科とは?

DENTAL SURGERY

口腔外科とは?

おもに、外科手術をともなうお口の治療を担当する診療科目が「口腔外科」です。親知らずや顎関節症、口腔内の粘膜異常や治りにくいできもの、さらにお口まわりのケガなど、幅広い治療を行ないます。

外科手術を行なう際には麻酔などの薬剤を使用することが多いため、心臓病や糖尿病などといった持病のある方には十分な配慮が必要です。当院でも口腔外科治療に対応しておりますが、状況によっては専門医をご紹介させていただくケースがございます。

このような症状は口腔外科を受診しましょう

このような症状は口腔外科を受診しましょう

DENTAL SURGERY

このような症状は口腔外科を受診しましょう

以下のような症状がみられる場合には、口腔外科に対応した医院を受診してください。

外科手術が必要なとき

親知らずなどの「埋伏歯」の治療で歯ぐきを切開する必要がある・歯を砕いて除去する必要のある場合は、口腔外科が対応します。

奇形、変形症の場合

口蓋裂や顎変形症、顎関節症などといった症状が矯正治療にて対応できない場合は、手術が必要なケースがあります。「口を開けるときに異音がする・痛い」「口が開きづらい」などの顎関節症は、早めの治療により短期間での効果が期待できるでしょう。

炎症が激しい場合

埋まって生えている・咬み合わせの良くない親知らずのせいで歯ぐきが炎症を起こした場合は、抜歯する必要があります。むし歯や歯周病の菌が、炎症を起こした部分から体の内部に入り込み感染症が重症化すると、最悪の場合死に至ることも。炎症がひどい場合には、全身を管理できる口腔外科が最適です。

外傷をともなう場合

転倒や事故などで歯や顎、お口まわりを打ったことにより、歯が抜けそう・抜けた、または顔や顎の骨を折れた場合には、早急に口腔外科を受診してください。

神経性疾患があるとき

顔面けいれんや顔面まひ、三叉神経痛などの顔面神経痛は、早期の発見・治療が大切。こうした症状も、口腔外科で相談できます。

その他

口腔乾燥症や強い口臭、味覚障害、インプラント治療、シェーグレン症候群(※)などにも対応します。

※シェーグレン症候群は、涙腺や唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊された状態です。本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、誤って自分自身を攻撃してしまう「自己免疫」という現象が起こります。ドライアイなどの眼症状のほか、口腔症状ではドライマウス(口腔乾燥症)の症状がみられます。

PICK UP! 「こばやし歯科口腔外科・矯正歯科クリニック」との提携で、お口の健康を包括的にサポート

DENTAL SURGERY

むとべデンタルオフィスは、口腔外科治療や矯正治療といった専門的な分野に特化した「こばやし歯科口腔外科・矯正歯科クリニック」と連携しております。

口腔外科医は、一般歯科治療においても患者様の全身を含め総合的に判断し、治療できることが特徴です。全身疾患(糖尿病、高血圧症や心疾患など)や、がんの既往で歯科治療に対して不安を持たれている方、常にお薬を飲んでいらっしゃる方にも安心してお任せいただける知識と技術があります。

院長の小林先生は、大学病院や関連病院の口腔外科で研鑽を積んでこられた、口腔外科のスペシャリストです。当院は、「こばやし歯科口腔外科・矯正歯科クリニック」との連携があります。他院でインプラント治療や口腔外科治療を断られた難症例の方にもスムーズにご紹介が可能で、術後のケアについては、通いやすい当院で行なっていただくことができます。

「受け入れてくれる口腔外科が近くにない」という患者様も、まずは当院までご相談ください。