PERIO

歯周病の予防と治療

  • HOME
  • 歯周病の予防と治療

歯周病の予防と治療

PERIO

福津市、福間駅より徒歩3分の歯医者「むとべデンタルオフィス」が、歯周病の治療や予防について解説いたします。

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位とされています。初期は自覚症状がほとんどないため、「サイレントキラー」と呼ばれることも少なくありません。

こちらでは、歯周病の原因や進行段階別の症状、具体的な治療法についてご説明いたします。

歯周病とは?

歯周病とは?

PERIO

歯周病とは?

歯周病の原因は、お口の中に潜んでいる歯周病菌です。歯周病菌が増殖すると、歯ぐきに炎症が起こる「歯肉炎」を発症します。そして進行すると歯ぐきや顎の骨が溶かされる「歯周炎」を発症し、さらに放置し続けると歯を失う原因にもなりかねません。

約80%の大人が歯周病!?

約80%の大人が歯周病!?

約80%の大人が歯周病!?

歯周病は日本人の国民病ともいわれており、成人の約80%が歯周病または予備軍だとされています。

そもそも歯周病の原因は、歯垢のなかに潜む歯周病菌。歯や歯ぐきのすき間に歯垢がべっとり付着していると、歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起こり、歯ぐきの腫れや出血などの症状が表れはじめるのです。

そして、歯周病をそのまま放置していると、歯を支える顎の骨にまで炎症が進み、歯ぐきが下がる、歯がグラつくなどの症状が見られるようになります。さらに進行すると歯ぐきから膿がでたり、口臭がきつくなったり……。やがては顎の骨がほとんど溶かされてしまい、歯がポロリと抜け落ちてしまうでしょう。

初期の歯周病は自覚症状がほとんどなく、いつの間にか症状がかなり進行していることも少なくありません。放置すると歯を失う原因にもなるため、早めの治療と予防が肝心です。

歯を失う原因第1位は歯周病

歯を失う原因第1位は歯周病

歯を失う原因第1位は歯周病

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位。特に40代後半からは、むし歯よりも歯周病で歯を失う割合が高まります。生涯自分の歯で食事を楽しむためにも、日々のお手入れで歯周病を予防しましょう。

歯周病の原因

歯周病を引き起こす原因は、おもに以下の6つです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

喫煙習慣 歯並びの乱れ 全身疾患
ストレス
遺伝 薬の副作用 家族からの感染

特に、小さなお子さまがいるご家庭では、家族から子どもへの感染に注意が必要です。ご両親が歯周病にかかっていると、食器などを介してお子さまに歯周病菌がうつってしまうリスクがあります。お子さまの大切な歯を守るためにも、家族単位での予防と、早めの治療を心がけましょう。

当院では歯周病の予防に力を入れ、ブラッシング指導や歯石除去などを行っております。ご家族皆様のお口の健康をサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

PERIO

歯周病と全身疾患の関係

歯周病はお口の中だけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼします。例えばお口の中で増えた歯周病菌が血管に侵入すると、血流にのって全身をまわり、さまざまな部位で血栓を起こすことがあります。心臓に近ければ心筋梗塞、脳に近ければ脳梗塞といったように、命に関わる病気を引き起こすことにもつながりかねません。

また、歯周病菌を含む唾液が誤って気管に入ってしまうと、誤嚥性肺炎などを引き起こす原因になります。特に、嚥下力が低下している高齢者の方は注意が必要です。免疫力も低下しやすいため、重篤な症状を引き起こすリスクが高まってしまいます。

歯周病が引き起こす全身疾患

認知症・がん・動脈硬化・心疾患・誤嚥性肺炎・肥満・糖尿病・バーシャー病など

歯周病の進行段階

PERIO

歯肉炎 歯肉炎

歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こし、歯ぐきの腫れや出血などの症状が表れます。歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。

軽度の歯周炎 軽度の歯周炎

歯周病が進行し、歯を支える顎の骨が溶かされはじめます。歯周ポケットの深さは3~4mm程度です。

中等度の歯周炎 中等度の歯周炎

顎の骨が溶かされ続け、歯ぐきから膿が出ることがあります。歯周ポケットの深さは4~5mm程度です。

重度の歯周炎 重度の歯周炎

歯ぐきから膿が出る、口臭がきつくなるなどの症状が表れはじめます。さらに放置していると顎の骨がほとんど溶かされ、歯がグラつき、やがては抜け落ちてしまいます。

歯周病の治療方法

PERIO

歯周病治療では、原因となる「歯周病菌」を取り除くことが大切です。初期の歯周病は、ブラッシング指導や歯石除去などの比較的簡単な治療で済みますが、進行すると外科的処置が必要になる場合もあります。また、歯周病の発症・進行には生活習慣や糖尿病なども大きく関わっているため、歯科診療のみならず多角的な改善策を講じなければなりません。

歯周病は自覚症状がほとんどないからこそ、早期発見・早期治療が肝心です。定期検診と適切な治療で、歯周病の進行を予防しましょう。

初期治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お口の健康は、日々のお手入れから。患者様一人ひとりの歯並びや磨き癖を考慮し、適切なブラッシング方法をアドバイスいたします。

歯石除去

歯や歯ぐきのすき間に付着した歯垢は、放っておくと石灰化して「歯石」と呼ばれる硬い物質になります。歯石は通常のブラッシングでは除去することができないため、専用の器具で取り除く必要があります。歯石には、歯肉より上にあるものと、歯肉の下に隠れているものとがありますが、歯科医院では歯周ポケットに専用の器具を挿入することで、どちらの歯垢にも対応可能です。

詰め物・被せ物のチェック

詰め物・被せ物のチェック

詰め物・被せ物のチェック

詰め物・被せ物との間にズレがあると、食べかすや歯垢が溜まりやすくなり、歯周病を引き起こす原因になります。詰め物・被せ物が歯に合っていない場合は、修復物の修正や作り直しを行ないます。

咬み合わせのチェック

咬み合わせのチェック

咬み合わせのチェック

咬み合わせが悪いと歯の一部分のみに負荷がかかり、歯周病が悪化する原因になります。咬み合わせが原因になっている場合は、矯正治療をおすすめする場合もあります。

外科治療

歯周組織再生療法(エムドゲイン)

歯周組織再生療法(エムドゲイン)

歯周組織再生療法(エムドゲイン)

歯周病によって歯ぐきに炎症が起こってしまっても、適切な治療を施せば健康な状態に戻すことができます。一方で、歯周病菌によって溶かされた顎の骨は、そのままでは元に戻りません。

失われた歯周組織を取り戻すためには、再生療法を行なう必要があります。当院では「エムドゲイン」という再生療法に対応しておりますので、顎の骨が痩せてしまった方もご安心ください。

フラップオペ

フラップオペ

フラップオペ

歯周ポケットの奥深くに歯石がある場合は、「フラップオペ」という外科的処置を行ないます。歯ぐきを切開することで、通常の器具では届かない歯石もしっかり除去可能です。

PICK IP!メインテナンスが大切

PERIO

初期の歯周病は自覚症状がほとんどなく、気付いたときには症状がかなり悪化していることもあります。また、歯周病の原因となる歯垢や歯石は、ご自宅でのブラッシングだけでは取り除くことができません。「毎日ブラッシングしているから大丈夫」と思っていても、知らぬ間に歯周病が進行しているおそれがあります。

歯周病の進行を防ぐためには、定期検診が大切。定期検診で受ける習慣があれば、歯周病をごく初期の段階で発見することができます。お口の将来の健康を守るためにも、歯科医院での定期検診を習慣化しましょう。